2010年04月29日

大阪の母子殺害、無罪の可能性も 最高裁が死刑判決破棄、差し戻し(産経新聞)

 大阪市のマンションで平成14年、母子を殺害し部屋を全焼させたとして殺人と現住建造物等放火の罪に問われ、2審で死刑判決を受けた大阪刑務所の刑務官、森健充被告(52)=休職中=の上告審判決で、最高裁第3小法廷は27日、2審判決を破棄、審理を大阪地裁に差し戻した。死刑が一転、無罪となる可能性が出てきた。

【関連記事】
不明夫の車、福井で発見 京都・伏見の母子殺害
無念…母子3人殺害の遺族 判決前に死去 静岡・焼津
光市母子殺害名誉棄損訴訟 橋下知事ら全面対決の姿勢
光市母子殺害 実名本問題で著者が元少年らを提訴
光市母子殺害の弁護士19人が1.2億円請求 橋下知事「逸脱なら改める」
「裸の王様」次に座るのは…

整体、散髪代を運動費計上=「誤解生む」と報告書訂正−09年衆院選で民主長島議員(時事通信)
舛添氏「金のかかる政治と決別」 政治とカネ問題に苦言(産経新聞)
<みんなの党>名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表(毎日新聞)
県庁正門にミニ「熊本城」が登場=熊本県〔地域〕(時事通信)
「最終的には差別禁止法を」=自立支援法訴訟終結で原告と面会−鳩山首相(時事通信)
posted by カメイ クニオ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。